Posts Tagged ‘就職’

マンション管理士

マンション管理士は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 マンション管理士とは、専門的知識をもって、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とします。 築年数が長い分譲マンションが増えていること、自主管理の限界などを考えても、今後、非常に重要な役割を担う、需要が多い仕事の一つと言えます。 資格取得の為の試験勉強方法 マンション管理士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 最低で400時間以上600時間程度が目安にな...
» マンション管理士の続きを読む

技術士

技術士は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 技術士とは、技術者や研究者にとって最も権威があるといわれている資格です。 難関資格だけに、企業に勤めるエンジニアにとっては、この資格を取得することがキャリア・パスの開拓につながります。 そのため、大半の有資格者は企業内技術士として活躍しており、転職の際にもアピールポイントとなります。 試験は1次(筆記)と2次(口頭実技)に分かれており、1次試験に合格すると「技術士補」として登録することが出来ます。 資格取得の為の試験勉強方法 技術士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 技術士試験は、合格...
» 技術士の続きを読む

中国語検定

中国語検定(中検)は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 中国語検定とは、中国語検定は日本でもっとも歴史のある中国語能力検定です。習熟度を1級から準4級まで の6ランクで評価します。 日中間のビジネスでは英語の使用が一般的ですが、最近は日本語または中国語で交渉する企業も増えてきました。 その為、日本の企業は中国語の重要性を認識し始めています。 中国語検定を取得すると次のメリットがあります。 1.就職・転職のときに有利に進む 2.仕事の幅が広くなる 資格取得の為の試験勉強方法 中国語検定試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 中国語検定...
» 中国語検定の続きを読む

税理士

税理士は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 税理士とは、税に関する申告の代理や税務調査の立会いなどの「税務代理」、確定申告書などの書類を作る「税務相談業務」が主な業務です。 どんな業界でも、大手企業から個人事業主に至るまで、必要不可欠なのが税務のスキルです。 それだけに、税務の専門家である税理士に対するニーズは高いです。 税理士の資格保有者が目指すのは独立・開業。 資格取得後、税理士事務所や公認会計士事務所に3~5年ほど勤務してから独立するのが一般的です。 資格取得の為の試験勉強方法 税理士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 一...
» 税理士の続きを読む

司法書士

司法書士は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 司法書士は「街の法律家」として、社会的なステータスが高く、資格取得後の独立も比較的しやすいため、高い人気を誇っています。 司法書士とは、会社設立の際の設立登記、会社設立の際の設立登記、会社役員を変更したときの変更登記といった商業登記、土地、マンションの購入、相続で不動産所有者に変更した時の不動産投機などが主な業務です。 また、認知症、知的障害、精神障害など判断力が十分ではない人の代わりに財産管理を行う成年後見も業務の1つです。 今後、高齢化が進む社会において、司法書士の重要性はますます増すでしょう。 ...
» 司法書士の続きを読む

行政書士

行政書士は就職に有利な資格の一つです。 業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 行政書士とは、官公庁に提出する書類の作成や申請の代行を主な業務としています。 車庫証明、建設業許可申請、飲食店の営業許可など扱える書類は1万種類に及びます。しかも、扱える範囲は、不動産から国際業務、遺言・遺産関連まで多岐にわたります。 最近では、企業内行政書士として、法務部門などからのニーズもあります。 資格取得の為の試験勉強方法 行政書士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 通信教育を使った場合で500時間~が目安になります。 独学 独学ではほぼ無理です。 通学をおすすめしま...
» 行政書士の続きを読む

FP技能検定2級

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級は就職に有利な資格の一つです。業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級は、国家資格です。 ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事は、個人のライフプランに応じて、経済面から適切な計画を立てて提案することです。 国内のFP資格は、FP技能士と、国際ライセンスのCFP、AFPのメジャーな2種類が、相乗りした構造で成り立っています。 AFPは、金融業界で若手の社員に取得を推奨している企業が多く、資格取得を昇進の条件としている企業もあります。 FP資格の最大の特長は、汎用性の高さにありま...
» FP技能検定2級の続きを読む

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者は就職に有利な資格の一つです。 宅建の内容、勉強方法、業種別・職種別ランキングの順位、試験内容をご紹介いたします。 宅地建物取引主任者(宅建)とは、不動産の売買や仲介を行う際に不可欠な資格です。 宅地建物取引業を営む事業者は、事務所ごとに従業員5人に対して1人の割合で、有資格者を常勤させることが義務付けられています。 また、宅建は金融業界でも高い評価を受けています。 さらに、宅建の試験勉強を通して学ぶ民法は、社会人の基礎として知っておきたい知識です。 知っていると今後、ビジネスシーンでいろいろと役に立つことは間違いありません。 資格取得の為の試験勉強方法 宅地建物取引主任者...
» 宅地建物取引主任者の続きを読む

中小企業診断士

中小企業診断士は就職に有利な資格の一つです。 資格の内容、勉強方法、業種別・職種別ランキングの順位、試験内容をご紹介いたします。 中小企業診断士とは、経営・業務コンサルティングのエキスパートとしては唯一の国家資格です。 経営に関する様々な知識や能力を有していることを証明する資格であることから、企業からのニーズも高く、転職や昇進の際にも大きな武器となります。 資格取得の為の試験勉強方法 中小企業診断士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか? 目安を記載しておきます。 ストレート合格(1次・2次を同一年度に合格する人)で1次1000時間、2次500時間は最低必要と思われます。 しかし...
» 中小企業診断士の続きを読む

日商簿記検定2級

日商簿記検定2級は就職に有利な資格の一つです。 資格の内容、勉強方法、業種別・職種別ランキングの順位、試験内容をご紹介いたします。 日商簿記検定は、1級から4級まであります。 3級がビジネスパーソンとしての実質的な入門編、1級は経理部のメンバーや税理士、公認会計士を目指す人が取得するレベルです。 2級はおおよそ、その中間にあたります。 2級と3級との違いは、2級には工業簿記が加わる点です。 簿記はビジネスパーソンにとって必須スキルの1つであると言えます。 営業職であれば、取引先の状況を把握する際、新規開拓の戦略を練る際にも、大きな武器となるでしょう。 資格取得の為の試験勉強方法 日商簿記検定...
» 日商簿記検定2級の続きを読む
« Older EntriesNewer Entries »

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

Copyright(c) 2013 就職に有利な資格ランキングまとめ All Rights Reserved.