就職に有利な資格ランキングまとめ » 求人 » 主婦の就職に有利な資格(口コミ)

主婦の就職に有利な資格(口コミ)


主婦の就職に有利な資格はあるのでしょうか?

↓「ユーキャン」公式サイト↓

誰でも片手間に取れる資格は持っていても有利にはなりません。
需要があって、取るのが難しい資格を持っていると就職に有利になります。
※その資格がないとできない独占業務であると評価が高いです。

また、独立も可能です。

ネットの口コミをみると、下記の資格がおすすめです。

宅建主任者(宅地建物取引主任)

国家資格です。

資格の内容

宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格であり、
宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、
宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、
重要事項の説明等を行う不動産取引の専門家です。

合格率

ここ10年程度毎年15%~17%台で推移しており、
合格率に対応した得点が合格基準点に設定されていると推測されます。

勉強時間

必要な勉強時間が300時間程度といわれています。

マンション管理士

国家資格です。

資格の内容

マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格であり、「マン管」とも呼ばれています。

合格率

マンション管理士試験の合格率は7~8%前後と、合格率の観点から見ると一級建築士(学科:15.1%、製図41.7%、総合8.1%/H20)、土地家屋調査士(8.03%/H20)等と並ぶ難関試験です。

勉強時間

600時間程度といわれています。

介護福祉士

国家資格です。

資格の内容

ケアワーカーの国家資格であり、社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶ福祉の国家資格(通称:三福祉士)のひとつです。

取得方法

1.厚生労働大臣の指定する養成施設を修了し登録名簿に登録する
2.介護実務経験3年以上(1,095日)以上、実働日数が540日以上で介護福祉士国家試験に合格し登録名簿に登録する

合格率

介護福祉士国家試験は合格基準が問題の総得点の60%程度を基準(絶対評価)としています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

資格の内容

介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる者。
通称ケアマネジャー。略称ケアマネ。

取得方法

介護支援専門員として登録・任用されるには都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「介護支援専門員実務研修」の全日程を休まず全て受講したうえで、レポートを提出する必要があります。

「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格としては、大まかに下記の様に、法定資格所持者等は5年以上の、それ以外の者は10年以上の実務経験が必要とされます。

調理師免許

国家資格です。

資格の内容

調理師法に基づいて都道府県知事が行う調理師試験に合格し、都道府県に備え付けの調理師名簿に登録された者を言います。
名称独占資格であり、調理師でないものが調理師と称すると罰金30万円以下の刑に処されます。

社会保険労務士

国家資格です。

資格の内容

労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行い、また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う事を職業とする為の資格、およびそれを職業とする者をいいます。

合格率

7~10%です。

行政書士

国家資格です。

資格の内容

行政書士法に基づき、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成の代理等を業とする国家資格者またはその資格制度のことです。

合格率

3~10%です。

★「生涯学習のユーキャン」で講座を探す★
  • ☆あなたにぴったりの講座を探す⇒
  • ☆あなたにピッタリの講座を絞り込み⇒
  • ☆資料請求講座一覧⇒

求人の関連記事

資格の学校・講座比較

資格取得の各専門学校(通学・通信)、各種通信講座には特徴があります。 資料請求は無料です。

ユーキャン資格の学校TACヒューマンアカデミーケイコとマナブ.net資格と仕事.netLECフォーサイト

求人

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

Copyright(c) 2013 就職に有利な資格ランキングまとめ All Rights Reserved.