就職に有利な資格ランキングまとめ » 一覧 » 宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者


宅地建物取引主任者は就職に有利な資格の一つです。
宅建の内容、勉強方法、業種別・職種別ランキングの順位、試験内容をご紹介いたします。

↓「ユーキャン」公式サイト↓


宅地建物取引主任者(宅建)とは、不動産の売買や仲介を行う際に不可欠な資格です。
宅地建物取引業を営む事業者は、事務所ごとに従業員5人に対して1人の割合で、有資格者を常勤させることが義務付けられています。

また、宅建は金融業界でも高い評価を受けています。

さらに、宅建の試験勉強を通して学ぶ民法は、社会人の基礎として知っておきたい知識です。
知っていると今後、ビジネスシーンでいろいろと役に立つことは間違いありません。

資格取得の為の試験勉強方法

宅地建物取引主任者試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか?
目安を記載しておきます。

初学者で200時間から300時間、経験者で100時間~150時間といわれています。

独学

独学で合格が可能です。
しかし、分からないことは自分で解決しなければなりません。
その点、通信講座や通学の場合、質問できます。
また、カリキュラムが組んであり、勉強を続ける環境ができます。

おすすめの通学・スクール・学校

資格の学校TAC(タック)
ケイコとマナブ.net

おすすめの通信講座・通信教育

生涯学習のユーキャン
大栄教育システム

宅地建物取引主任者資格の業界別・職種別ランキング

宅地建物取引主任者資格の業界別・職種別のランキングで何位にあるかです。
※就職後、その業界・その職種に従事している方が今後取得したい資格・検定のランキングに基づいています。

「今後取得したい資格」は、その業界・職種にとって求められるスキル・知識ですので、就職の時点でその資格を有することは、他の求職者より就職に有利になります。
また、就職後、仕事をスムーズに進めることができますので、評価され昇格等で有利になります。

業界別

業界名順位
建設1
素材5
エネルギー2
卸売・小売業・商業4
金融・証券・保険4
公務員(教員除く)1
不動産1
運輸3

職種別

職種名順位
総務・人事1位
一般事務4
企画・調査・マーケティング4
経営企画6
営業・販売6
技術・設計5
専門職(建築・土木関連)1位

資格試験の内容

受験資格なし
受験料7,000円
出願時期7月上旬~7月中旬
試験日10月下旬
受験者数約19万人
合格率16.7%
合格後実務経験2年または登録実務講習終了後登録。5年ごとに更新。

★「生涯学習のユーキャン」で講座を探す★
  • ☆あなたにぴったりの講座を探す⇒
  • ☆あなたにピッタリの講座を絞り込み⇒
  • ☆資料請求講座一覧⇒

一覧の関連記事

資格の学校・講座比較

資格取得の各専門学校(通学・通信)、各種通信講座には特徴があります。 資料請求は無料です。

ユーキャン資格の学校TACヒューマンアカデミーケイコとマナブ.net資格と仕事.netLECフォーサイト

一覧

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報

Copyright(c) 2013 就職に有利な資格ランキングまとめ All Rights Reserved.