スポンサーリンク

技術士


技術士は就職に有利な資格の一つです。
業種別・職種別ランキングの順位をご紹介いたします。

技術士とは、技術者や研究者にとって最も権威があるといわれている資格です。

難関資格だけに、企業に勤めるエンジニアにとっては、この資格を取得することがキャリア・パスの開拓につながります。

そのため、大半の有資格者は企業内技術士として活躍しており、転職の際にもアピールポイントとなります。

試験は1次(筆記)と2次(口頭実技)に分かれており、1次試験に合格すると「技術士補」として登録することが出来ます。

資格取得の為の試験勉強方法

技術士試験に合格する為には勉強時間は何時間必要でしょうか?
技術士試験は、合格までの勉強時間を紹介しにくい資格試験です。

1次試験は150時間、2次試験は500時間が目安になります。

独学

独学での合格率は、予想ですが5~10%程度と思われます。
不可能ではないですが、かなり厳しいです。
通学での勉強をお勧めします。
しかし、近くに学校がない、通学の時間がないという方は、通信講座でがんばりましょう。

おすすめの通学・スクール・学校

JES

おすすめの通信講座・通信教育

技術士の業界別・職種別ランキング

技術士の業界別・職種別のランキングで何位にあるかです。
※就職後、その業界・その職種に従事している方が今後取得したい資格・検定のランキングに基づいています。

「今後取得したい資格」は、その業界・職種にとって求められるスキル・知識ですので、就職の時点でその資格を有することは、他の求職者より就職に有利になります。
また、就職後、仕事をスムーズに進めることができますので、評価され昇格等で有利になります。

業界別

業界名 順位
機械・重電 5位

職種別

職種名 ランキング順位
研究・開発 5位
技術・設計 4位
専門職(建築・土木関連) 3位

資格試験の内容

種別 国家資格(名称独占)
受験資格 1次:なし/2次:実務経験など
受験料 1次:11,000円/2次:14,000円
出願時期 1次:6月上旬~7月上旬/2次:4月上旬~5月上旬
試験日 1次:10月上旬/2次:(筆記)8月上旬・(論文提出)11月上旬・(口頭)12月上旬~1月中旬のうち1日
受験者数 1次:約17,000人/2次:約26,000人
合格率 1次:21.4%/2次:14.3%(2011年)
合格後 登録あり

資格の学校・講座比較

資格取得の各専門学校(通学・通信)、各種通信講座には特徴があります。 資料請求は無料です。

ユーキャン資格の学校TACヒューマンアカデミーケイコとマナブ.net資格と仕事.netLECフォーサイト


スポンサーリンク
Copyright(c) 2013 就職に有利な資格ランキングまとめ All Rights Reserved.